logo
お問い合わせ

あなたのカラダ詰まってませんか?

いつもありがとうございます。

英会話×心理学×数秘術で
あなたの魅力を再発見☆彡
辻優子です。

健康シリーズ4回目。

昨日は、

何を食べるかより、どう食べるか。

という記事でした。

今日は、栄養の受け皿
「カラダ」について。

we are what we eat.
(私たちは自分が食べたものでできている)

という言葉を前にも紹介しました。

その、食べ物の受け皿になってくれている
カラダは、そもそもスムーズに栄養を
吸収してくれていますか?

便秘がちだったり。

いつも食べすぎていたり。

受け皿となるカラダがいつも

「詰まっている」

状態だと、せっかく栄養があるものを
食べたとしても、うまく吸収されません。

汚れた水で一杯のコップに
キレイな水をいれたとしても
まずは、汚れた水を捨てない限り
汚れた水のまま。

満員電車も、まず乗っている人が
降りない限りスペースは空かず
人は乗れません。

大事なのは、常に受け皿に
沢山のスペースを空けておくこと。

そうすると、自ずと良いものは
吸収されていきます。

これは食べ物以外でも同じこと。

何か欲しいな~と思う時は
まず先に、それを入れるスペースを空けること。

これは自然の法則ですね。

いつも軽やかに開け放た空間☆彡
を、意識してみてください。

 

心の健康について知りたい☆彡

という方は

「あ」なたの「み」りょくを「てらす」
あみてらすセッション で一緒にサポートします。

ZOOMやSkypeのオンラインもOK♪
セッション詳細は下記へ。

あみてらすセッションお問い合わせ

 

Comments are closed.