logo
お問い合わせ

50年後、どんな未来を子どもたちに残したいですか?

いつもありがとうございます

英会話×心理学×数秘術で

あなたの魅力を再発見☆彡

辻優子です。

 

先日、『女性のご喜元が世の中を救う?!』

という記事を書きました。

今日はその続き。

カタカムナのお話の中で、もう一つ

へ~、と思うことを教えていただいたので

それをシェアしたいと思います。

 

ネイティブアメリカンなどの先住民と呼ばれる方々の言葉の中に

『七代先のことを考えて今を生きる』

というものがあります。

今の自分たちの暮らしぶりだけでなく

どんな世界を子どもたちに残していきたいかも考えながら生きる。

それって、素敵なことだな~と思いました。

 

そういった、部族の中には必ず

グランマコミュニティーというものがあるそうです。

何かっていうと

グランマ= grand mother

つまり、おばあちゃんたちの集まりのこと。

村の決まり事を決めるとき、最終決定をするのは

村長さんではなく、グランマコミュニティーの方々。

おばあちゃんたちが、「これは未来にとっていいね」とされたものが

その村でなされていくそうです。

 

今の世の中から考えると、男性ではなく女性、

しかも、おばあちゃんたちが決定権をもっていたって

想像しにくいかもしれませんね。

 

でも、よ~くみてみると

私たちが住んでいる今の社会は

50年前のおばあちゃんたち(女性)が望んだことだと見えてきます。

 

戦争が終わり、日本が復興していくとき。

その頃は、水は井戸でくみ、ご飯はカマドで火をおこして炊き

お掃除は雑巾がけ、洗濯はすべて手洗い・・・。

と、すべてにおいて時間がかかる作業。

きっとそのころの女性は思ったはずです。

「もっとラクに家事ができたらな~」

 

そして、今のこの時代。

御飯もお風呂も洗濯も。

すべてスイッチ一つでできちゃう世の中になっています。

きっと、昔の女性がみたら

なんて天国みたいな生活なんだろう!と

感激でしょうね。

 

50年前、『アワ』である女性が「こうだったらいいな~」

と思ったことを

『サヌキ』の男性が、形にしてくれた世界です。

 

あらゆることが便利になった時代。

もう、沢山物をもっているからと

物欲で心が満たされることはありません。

世の中が求めているのは

よりよく自分の人生を生きること=心の豊かさ

だと私は思います。

その中で、いま、『アワ』の私たちが考えられる

50年後の世界ってどんなだろう・・・。

みんなが楽しく笑って過ごせる社会のために

どんなことができるのだろう・・・。

と、想いを巡らせるようになりました。

すぐに答えが出る必要はないと思います。

ぜひ、あなたが残したい未来について

少しでも想いを向けてもらえるきっかけになったら嬉しいです。

Comments are closed.