logo
お問い合わせ

英語学習は劣等感との闘い?!

英会話

英会話学校に通ってみたり

毎日ラジオを聴き続けたり

英字新聞読んでみたり

 

ありとあらゆる方法を試したのに

なぜ英語が話せるようにならないの?!

って、ほんとにず~っと思ってました。

 

そんな私が今や英語を教えて

「英語で話すって楽しい♪」

と思えるようになったのか。

 

じっくり振り返って気付いたこと。

大きなきっかけは

「間違うことを恥ずかしいと思わなくなった」

ことだと思います。

 

中学から英語は得意科目だったし

テストの成績はいつもよかった。

だからこそ、

テストの問題は解けるのに

「スラスラ英語が話せない」

という自分がすごくふがいなかった。

そして、「英語ができるからこそ話せないと」

と思えば思うほど

「正しい英語で話さなければ」

ということに囚われて

「間違ったら恥ずかしいから

適当な英語が口から出ない」

ますます、黙る・・・。

という、超悪循環にはまってましたね~。

 

もしかしたら、真面目にコツコツ勉強してる人ほど

このループから抜け出せずにいらっしゃるかもしれません。

 

私がこの

「間違ったら恥ずかしい。

出来ない自分を認める」

ということができるようになったのは

凄く英語が話せた友達が

“ちゃんとした文章ではなく、単語でも会話してる”

のを見たからでした。

「えっ、そんな英語で話しちゃうの?!」

でも、通じてるし。

が分かってから、少しずつ英語を口に出せるようになりました。

英語力

そして、その経験の積み重ねで英会話力が

ブラッシュアップされてきたように思います。

 

この最初の

「できない自分と付き合いながらも

英語を口に出し続ける」

を、1人で続けるのは結構きついです。

だってね。

毎日英語の本見て、よく使うフレーズ覚えよう!

と思っても、すぐ忘れます。

そして「やっぱり私には向いてないのかな・・・」

って、諦める気持ちが出てきちゃいます。

 

だからこそ、私は数秘術で読み解いた強みの要素をプラスしながら

英語を話すことに慣れていってもらえたら嬉しいなと思っています。

それは、ただ英語が話せるようになるだけでなく

自ずと、あなたの可能性を拓くことにも繋がっていくはずです☆彡

 

今ある英語力でまずは話せる楽しさを一緒に体感しましょう♪

Comments are closed.