logo
お問い合わせ

One World by 喜多川泰さん

『みんなが誰かを幸せにしているこの世界』

なんとも素敵な副題がついているこのお話。

大・大・大好きなんです。

 

めったに本を読み返さない私が

もう5回以上は読み返してます。

そしてその度に感動しています。

 

生きているとときに

「こんなことやってて意味があるのかな?」

って思うときありますよね。

でも、このお話は普通の人の何気ない日常が

誰かの心を変えるきっかけになっているよ

というお話なんです。

 

特別なことじゃなくてよくて。

意味を求めてやったことでもなくて。

ただ純粋に『やる』

本人は気づいていないかもしれないけれど

それが、誰かの心を温かくしてたりするんですよね。

 

ついつい『意義』を求めがちですが

あなたが素直な気持ちでやっていること

それはきっと誰かの幸せに繋がっています。

 

あなたがいてくれたから

今日も世界は回っている。

ありがとうございます。

 

Comments are closed.