logo
お問い合わせ

違和感無視してませんか?

いつもありがとうございます。

 

「自分の感覚を信じましょう!」

と言われると

「〇〇食べたい♪」

「あの人に会ってみたい」」

「〇〇へ行ってみたい」

などなど、自分にとってワクワクすることって

結構受けとめやすいです。

ただ、

「なんか、この人の言うこと耳に入らない」

とか

「この場所居心地悪い」 という

なんとな~く、変な感じというのは

違和感を感じていながらも見過ごしがちです。

 

この、違和感を無視したばっかりに

私、先日やらかしてしまいました(-_-;)

まだ知り合って日は浅かったのですが

信頼できるだろうなと思っていた方がいまして。

ゆっくりと食事をする時間がとれたときに

会話の所々で

「ん?この人こんなこと言う人なのかな」

というひっかかりがでてきました。

でも、それ以外の部分は話してて楽しいし

気のせい、気のせいと流していたのですが・・・。

結果的に、

オ~、マイ ガーッ!!

ということになってしまいました。

よくよく振り返ってみたら

それ以外でもなんか変というポイントは

あったのですよ。

でも、人を疑ってるみたいだしな

空気を読まずに発言するのって心苦しいしな

などなど、頭で色々理由をつけて

違和感を封印してしまったのですね。

 

でも、そのまま進み続けることって

この道進んでも大丈夫~と

どんどん突き進んでいったら

行きつく先は崖っぷちだった(*_*)

みたいなもんです。

 

「直感を信じる」

って、自分にとって良いことだけでなく

なんだか違和感感じるわ。

ということも大事にしてみてくださいね。

Comments are closed.