logo
お問い合わせ

親切は驚くほど体にいい!らしい

いつもありがとうございます。

英会話と数秘であなたの魅力を再発見☆彡

辻優子です。

 

こないだのタッチケア体験講座から

再び、「ふれあいブーム」です。

そんなに凄いことをしなくても

温かくて幸せな気持ちになれるって嬉しいですよね。

 

どうしてふれあうと、温かい気持ちになるのか?

その秘密は『オキシトシン』と呼ばれる分泌物にあります。

別名『幸せホルモン』と呼ばれているのですが

心地よいふれあいがあると、オキシトシンが分泌され

ストレスホルモンが減少、気持ちが安定するのです。

赤ちゃんの時に健全なふれあいがあると

それは心の栄養に直結しますし

大人になってからでも、同じこと。

疲れてるときに、優しく背中をさすってもらうだけで

心がほ~~~っとしますもんね。

 

えー、でも、人に触られるのイヤ。

という方もまれにいらっしゃるかも。

そんな時は、自分で出すこともできるのですよ。

それが、これ

 

人に「親切にする」ことで、オキシトシンは分泌されるようです。

確かに、電車で席を譲ったとき

「ありがとう」

と言ってもらえると、心が温かくなりますよね。

それも、オキシトシンのお陰のようです。

他にも

感謝する

動物とふれあう

ことも、よいようです。

 

忙しくて心が殺伐となりがちな時代。

寝る前に

「今日、感謝したこと、されたこと」

を書き出してみると、睡眠の質がUPするとのこと。

一日がハッピーな気持ちで終われるのって

なんだかいい感じ♪

早速試してみようと思います☆彡

Comments are closed.